にきびとアロマ
下記の情報は医療等級のエッセンシャルオイルを前提に解説しております。
実践なさる場合は自己責任のもとでのみ使用することが可能となっております。


それではまずにきびについてのご説明をさせていただきますね。

にきびは毛穴や皮膚の気孔の周囲に汚れや皮脂がたまって起こります。
これは皮脂腺により分泌された脂性の物質である皮脂が毛穴の中に過剰にできるのが原因です。

気孔や毛穴が詰まり始めるとナクテリアが繁殖し毛穴の周りの炎症や感染につながりにきびになります。
にきびの最も一般的な一つが尋常性にきびで皮脂の形成を刺激するホルモンのアンバランスによって思春期に起こります。
大人のにきびはホルモンのアンバランスが原因の場合や塩素化合物の使用、内分泌システムのアンバランス、砂糖の多い食生活に影響されます。ケーキ

厚化粧や脂性のメークアップ、ストレスもにきびの原因になります。

エッセンシャルオイルは皮脂を溶かしバクテリアを殺し酸性の皮脂を保護します。

エッセンシャルオイル:
ティートゥリー、ゼラニウム、サンダルウッド、ラベンダーレモングラス、ジャーマンカモミール、ローズウッド、シダーウッド、ユーカリラディアータ、オレンジ、ネロリなど

上記のオイルを原液叉は希釈して毎日3-5滴落とし優しくマッサージします。
(但し原液で使うと肌を多少乾燥させることがあるので肌の水分を保つ為にはキャリアオイルで希釈する事をお勧めします)

自己責任のもとでお試し下さいね♪


| アロマテラピー | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
帯状疱疹にアロマ
帯状疱疹のときのアロマテラピーについてUPしたいと思います。

私たちが子供の時にかかった水疱瘡のあと、ウィルスはどこにいくの?
それは私たちの皮膚の神経に潜んでいます。
重度の感情的ストレス、病気、副腎皮質ホルモンの長期使用などにより
免疫力が低下するとその潜伏中のウィルスが活動をはじめ皮膚の神経経路に
沿って感染を生じます。

帯状疱疹は皮膚の特定の部位に発生する中枢神経系のウィルス感染で水疱瘡と同じウィルスによっておこります。

目のまわりや額の帯状疱疹は失明する事があるので直ちに眼科医に相談して下さいね。

エッセンシャルオイル:
ラベンダーアングスティフォリア、ティートゥリー、ラベンサラ、オレガノ、バジル、ユーカリレモン、ペパーミント、クローブ、ラベンダースピカ、ブルーサイプレス、サンダルウッドetc…

ご家庭での医療としての使用方法は、個人的にお知らせしていますので
ご興味がある方はお問い合せ下さい。
(公開してしまうと医療等級ではないアロマを使用してしまう可能性があり
とても危険ですので公開はしていません。ごめんなさい)たらーっ

本当にすごい効き目ですよ〜びっくり
薬を使わずに完治できるのを体験済みです!

そんなアロマテラピーをご自宅で簡単に使用してみたい方
URL 医療等級のアロマお試しモニターまでお申込み下さい。

【ご注意】
アロマテラピーは自己責任のもとでご使用下さい。

そして医療等級に認定されたエセンシャルオイルを前提に解説しております。
それ以外は肌トラブルの原因になりますので絶対に使用しないで下さいね。

| アロマテラピー | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
有害物質の吸収とアロマ
毎日使用している日用品には多くの化学物質が使用されています。
その中で皮膚から吸収され有害な化学物質が体内へ蓄積されてしまうという事があります。
これは経皮毒といいますが主にシャンプー、リンス、洗剤、歯磨き粉、化粧品、入浴剤などの製品から蓄積します。
毎日使うものなので食品と同じ位とても重要といってもいいのではないでしょうか。
むしろ食品より危険と言えるかもしれません。
なぜなら口から摂取した毒は肝臓で解毒され1週間後に90%が排出されます。
しかし皮膚から体内へ入った有害物質は直接血管から全身に回り1週間でも10%しか排出されません。

これが脳神経、癌、婦人病、アトピー(アレルギー)、アルツハイマー等の原因ではないかとも言われています。最近多いキレル子供や大人などもこの化学物質の影響を受けている可能性があります。

ホントかどうか分りませんがヘアカラーをしている人の脳を見ると脳にヘアダイの色がついていたという話しも聞いた事があります。

日本では許可されている物質が海外では禁止されているという事がありますが自分から積極的に調べないと耳に入ってくる事はありません。
皆、企業の利益が優先だからです。
私達の意識を変えて世界基準で私達の住む日本を見る事は自分の身を守る意味でもとても大切な事ではないでしょうか。

石油系で作られた化学物質の入っていない製品を出来るだけ選ぶようにしたいものですね。
そしてエッセンシャルオイルをおススメします。
エッセンシャルオイルのもつ構造は細胞の中から化学薬品、金属、毒素を押し出してくれる役割もあますので積極的に使用していきたいものです。

但しアロマテラピーには禁忌事項などもありますので専門科にアドバイスをして頂きながらご使用下さいね。

| アロマテラピー | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ペパーミント
日本ではペパーミントというとハッカ飴飴のイメージが強いようで
医療関係者でさえその恩恵に触れた事がある人は少ないようです。
私自身の体調不良により使用した事をきっかけにエッセンシャルオイルの素晴らしさを
実感したのがこのオイルです。

ペパーミントは一般的には消化器系の症状の時によく使われています。

消化不良、結腸痙攣予防に食後に摂取したり、子供の腹痛、つわり、
神経性胃炎などに大きな役割を果たしてきました。

しかし病状の治療にペパーミントが有効であるという科学的な実証が困難で
いまでも多くの研究者によって進められています。
その他にも頭痛やイライラ、憂鬱、無気力感などにも効果があります。

またペパーミントは運動神経にも影響を与えるという結果がでています。
(競走のダッシュタイムが大幅に短縮、握力が著しく強くなった、腕立て伏せの回数が大きく増えた等)

さらにビジネスにも素晴らしい力を発揮すると報告されています。
カードの分類とスピードと正確性、タイピングのスピードと正確性など
爽やかな香りが集中力をUPさせ仕事のパフォーマンスもアップさせてくれる事が明らかになりました。

また肝臓にはグルタチオンというわれる解毒酵素がありますが
これが放射線によりダメージを受けるとグルタチオンが減少してしまいます。

この減少を抑制する効果がある事も分かってきました。

さらに放射線によってダメージを受けた脂肪の量の減少や
放射線にあたらない場合でも大事な抗酸化物質を保護してくれます。

風邪の改善、運転中の眠気の解消、夏場の洗髪後のリフレッシュに、
歯痛、歯磨き粉がわりに歯ブラシに垂らして使った事もあります。

食品としても使えるオイルですしレインドロップテクニックにも使用されています。

また食欲抑制の効果もあるのでダイエットの為に吸入するのもよさそうです。
リラックスだけではもったいない!
皆さんもいろいろと日常的に使用してみてはいかがでしょうか?

※ご注意
これらの効果を期待出来るのは医療等級に認定されたエッセンシャルオイルであり
日本でのアロマテラピーは自己責任のもとでのみ使用する事が可能です。
メディカルアロマテラピーの概念ではペパーミントに含まれる有効成分の1つである
ケトン類は神経毒性があるため妊婦、乳幼児、授乳中の女性、てんかん患者などは使用不可とされています。



| アロマテラピー | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
錬金術でもあるアロマオイル
古代エジプトでは金よりも大切だったというエッセンシャルオイル。
人類最初の薬であると言われています。

私達は空気や食品、水、皮膚の毛穴から汚染された化学物質を吸収しこれらは腸壁粘膜を弱め肝臓へと染み込み細胞を変質させていきます。
これら体に溜まった毒素から解放される事が極めて重要な事です。

エッセンシャルオイルのもつ構造は細胞の中から化学薬品と金属を押し出してくれると言われています。

そしてエッセンシャルオイルは血液の酸素補給活動が人類が知るなかで最も活発な物質と言われています。

酸素は細胞から毒素を押し出し、カリウムを引込みます。
つまりエッセンシャルオイルは細胞の働きとバランスを正常にさせてくれるます。

そして私達の体には電流が流れていて私達の周りにある電化製品により人間の電磁波を破壊していきます。

エッセンシャルオイルの周波数は統一され調和した直流周波数をもっているので人間の電磁波と調和すると言われています。
エッセンシャルオイルは酸素、抗酸化剤、周波数を与えてくれるのです。

このようにエッセンシャルオイルは化学成分で言い尽くせる単なる物質ではなく活力を持った生命エネルギーといえるのです。


アルケミー(錬金術)であり霊、魂、体の全てに働きかける力を持っているといっても過言ではないでしょう。


そんなエッセンシャルオイルを家庭の薬箱として持っているととても便利ですよ。
ただし医療等級に認定されたエッセンシャルオイル以外は薬箱がわりにはなりませんのでご注意下さいね。

| アロマテラピー | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
エッセンシャルオイルの品質について
エッセンシャルオイルの高品質の条件とは何でしょうか?
天然100%?
それだけで大丈夫でしょうか…

まずオーガニックなのは当然の事ですが栽培の土地は原子力発電所、高速道路、人口の集中している都市などからも出来るだけ離れ土壌は酵素、ミネラルを多く含む所を選びます。
そして収穫時期も重要でこの時期や時間帯(1日)のうちでも不適切な時に収穫されると品質の劣ったオイルになる場合があります。

そして蒸留所は出来るだけ農場の近くにある事も大切な事です。
これは蒸留前にハーブが乾くのを防ぐ為です。また運ぶ途中で汚染物質や石油化学残留物にさらされる危険から避ける為でもあります。
そして蒸留装置や工程条件によっても品質を決定的に変えてしまう事もあります。
高圧と高温はオイルを荒れさせphや電極性にも大きな影響を受けます。
例えばサイプレスは華氏265度、圧力5ポンドで最低24時間蒸留する必要があります。この時間をわずか2時間短縮しただけでオイルの成分18〜20種が失われてしまいます。
しかし市販されているサイプレスのほとんどはわずか2時間15分で蒸留されているのが現状です。
このように短縮すれば燃料費が削減でき安いオイルを生産することが出来、さらに装置の老化も少なくてすむからです。
いくらオーガニックとうたっているオイルでもこのように生産されたものは医療の価値は全くないか、あってもごくわずかしかありません。

多くの巨大な工場では水蒸気蒸留の過程に化学物質が導入されオイルの生産量を増加させます。
この化学物質は蒸留中に水に浸出してオイルに混入することは避けられず、その結果オイルの分子構造は分断され香りもセラピー効果も変わってしまいます。
これらの化学物質は完全にオイルと分離することは不可能なので販売されるオイルにも残留してしまいます。
またオイルの抽出量を最大にする為に2番搾り3番、4番と蒸留を繰り返す再蒸留という方法もあります。
蒸留を繰り返すにつれ得られるオイルの効能は弱く、品質の低いものになってしまいます。
このように純粋なエッセンシャルオイルの生産には非常にコストがかかります。
たとえばローズを生産するには約2500kgの薔薇の花びらが必要です。
従ってエッセンシャルオイルは高価にならざるをえません。

エッセンシャルオイルを購入するさいは上記の事を確認出来る業者から購入する事をお勧めします。
確認出来ない場合は次の質問を店員さんに聞いてみて下さい。
「このエッセンシャルオイルは静脈注射できますか?」

※上記は医療等級のアロマを販売してます米国のヤングリビング社の創始者ゲリー・ヤングさんのご意見を参考にしたものです。


| アロマテラピー | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

モニター募集

漢方バナー
YLバナー

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

PROFILE

無料小冊子プレゼント

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

あしあと

SEARCH