<< スピリチュアルフード(ローフード) | main | 記憶と感情 >>
赤ちゃんもアロマテラピーをしよう!
今日は、ヤングリビングのドクターミンキーの
「家庭の救急箱」の講演会に参加してきました。ラッキー

出産直後のへその緒の着いた新生児、赤ちゃんから大人までの
医療や健康管理のためのアロマの使用方法を色々と教えて頂きました♪

ドクター曰く「香りを楽しむだけのアロマにはNOと言いましょう!

なぜなら医療レベルではない合成のアロマであっても
体内に吸収されてしまうからです。
世の中にアロマテラピーと謳っている商品であっても
脳や脊髄にずっと留まってしまう合成の物質もあるからです。
それらは体外に排出されずに体内に残り続けてしまうなんて恐ろしいことですねモゴモゴ

これは、経皮毒と言われ問題にもなっています。
主にシャンプー、リンス、洗剤、歯磨き粉、化粧品口紅、入浴剤などの製品から蓄積します。
毎日使うものなので食品と同じ位とても重要といってもいいのではないでしょうか。
むしろ食品より危険と言えるかもしれません撃沈
なぜなら口から摂取した毒は、肝臓で解毒され1週間後に90%が排出されます。
しかし皮膚から体内へ入った有害物質は、直接血管から全身に回り
1週間経っても10%しか排出されません。

これが脳神経、癌、婦人病、アトピー(アレルギー)、アルツハイマー等の
原因ではないかとも言われています。
最近多いキレル子供や大人などもこの化学物質の影響を受けている
可能性があると言われています。

石油系で作られた化学物質の入っていない製品を出来るだけ選ぶようにしたいものですね。
そして医療レベルのヤングリビングのアロマをおススメします!
エッセンシャルオイルのもつ構造は、細胞の中から化学薬品、金属、
毒素を押し出してくれる役割もあますので積極的に使用していきましょう。

話が脱線してしまいましたが汗
今回の家庭の救急箱として使用する方法につきましては、
ブログへのUPは控えたいと思います。
なぜならば医療レベルのアロマを知らない方がこの情報を見て
医療レベルではない他社のアロマを使用する危険性があるからです汗
サロン>>をご利用いただきましたお客様やヤングリヴィングの会員様への
情報提供はしておりますので、ご興味がある方は直接ご連絡くださいませラッキー

どのようなアロマか試してみたい方は、モニター募集中 >>ですので
お気軽にお申込み下さいね。
| アロマテラピー | 21:02 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

モニター募集

漢方バナー
YLバナー

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

PROFILE

無料小冊子プレゼント

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

あしあと

SEARCH