<< 脳より腸の方がえらい?! | main | 自分の内側にある沢山の人格 >>
スキンシップの大切さ
肌に触れること(スキンシップ)の重要性をあなたはご存知でしょうか。

幼い子どもの場合、お母さん(もしくは母親の代わりとなる養育者)による
スキンシップが不足すると、心身の発達に大きく影響することがわかっています。
しかし、スキンシップは子どもの発達にだけではなく大人にも、
子どもと同じようにスキンシップは必要です。

私たち日本人には、日ごろから気軽に親しい人の体に触れ合ったり、
ハグをする習慣がほとんどありません。
せいぜい握手どまりですが、これすらあまり見られなくなりました。しょぼん

スキンシップにより、温かなエネルギーが流れ心身ともに共鳴関係が生れます。
心がなごみ、体の緊張がほぐれて幸福感につつまれるものです。ドキドキ
何歳になっても心と体の両面の痛みや不安や緊張や苦痛などを癒すために、
スキンシップは大変有効なのですビックリマーク

その反対に人間は他人とまったくスキンシップを行わずにいると、
短期間で豊かな感情がしぼみはじめ、生理活性機能も低下、
体の不調があちこちに起こってきます。
肌がカサカサになり生命力も衰えてきます。叫び

人間の健康と幸せのためにとても良い働きをしてくれるスキンシップをすると
三種類のホルモンが分泌されると言われています。

●快感ホルモン(β・エンドロフイン):興奮を治める。気分を穏やかにする。
● 性ホルモン(エストロゲン・テストステロン):老化を遅らせる若返りホルモン。
● 免疫ホルモン(DHEA、胸腺ホルモン):免疫力を高め長生きできるホルモン。

心地よい感覚に身を浸すことで、脳内には様々な脳内神経伝達物質(ホルモン)が分泌されます。
これらの脳内ホルモンが定期的に十分に分泌されるならば、ストレスに対する耐性が付き、脳内の神経細胞のダメージも回復し、心の病を癒すこともできるといえます。

私達日本人は今までの生活習慣からあまりスキンシップが上手ではありません。
しかし、スキンシップこそ最も安全で安価で確実に効果のある健康法かもしれません。
スキンシップは、人間関係にぬくもりと愛情を高め、やすらぎを与えるボディコミュニケーション(握手、抱擁、マッサージ、肩ももみ等)として、家族や恋人、友人同士、リラクゼーションサロンなどでどんどん実践し心身共により健康に、積極的に生かしていきましょう。

よろしければこちらもご活用ください。キラキラ詳細はコチラ >>
| ヒーリング・セラピー他 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://letter.healing-akasha.com/trackback/1420187
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

モニター募集

漢方バナー
YLバナー

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

PROFILE

無料小冊子プレゼント

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

あしあと

SEARCH