<< 原油流出の解決策〜宇宙からのメッセージ | main | 瞑想タイム >>
もうすぐ海の日
東京も明日梅雨明け?!でしょうか。。

あと数日で海の日船を迎えますが、海の日の由来をご存知ですか?

海の日は、法律で定められた国民の祝日です。
六法全書の国民の祝日に関する法律の第二条に
「海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに
海洋国日本の繁栄を願う。」と記載されています。

昭和16年には「海の日」の前進である
「海の記念日(7/20)」が制定され、
平成8年に国民の祝日に「昇進」。

では、7/20にはどんな意味があるのかというと
明治天皇が東北巡幸の際に初めて船に乗り、約50日の旅程を
こなされた後に、横浜港に着港された日とのことです。

世界でも珍しい「海の日」という国民の祝日に
皆さんも海に親しんでみてはいかがでしょうか。
水族館に行ってみたり、磯遊びをしたり。
それも難しいなら図鑑を持ってお寿司屋さんはいかがでしょうたらーっ


先日「魚のいない海」というシンポジウムに参加してきましたが
海の現状を知らずに生活していた事を改めて感じさせられましたモゴモゴ
私達が毎日食べている魚達。魚
その食用の魚を捕るために廃棄させられている魚の量の多さ。
漁の大半を占めるトロール漁は珊瑚を破壊している原因の一つである。
陸では1万年前から動植物を養ってきたが、
海では未だに海洋環境での狩猟をしている状態。
(漁獲量が半減している原因の1つとなっています)
養殖をしたとしても、それを育てるための魚を
大量に捕獲しなくてはならない。etc。。。

無関心でいると海の環境はどんどん悪くなってしまいます。

生命誕生のきっかけとなった海は、私達、全ての生き物のお母さんです。

今でも生きるために吸っている酸素の2/3は海から生まれています。

そんな海と触れ合って少しでも関心をもって頂けると嬉しいですラッキー

次世代へ海を引き継いで行くために。。。
 
                   by 海好きセラピスト




| 海のこと | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://letter.healing-akasha.com/trackback/1390623
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

モニター募集

漢方バナー
YLバナー

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

PROFILE

無料小冊子プレゼント

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

あしあと

SEARCH