<< サロンからのお知らせ | main | 現状維持は、最大のリスク >>
フェイシャルリフレクソロジーについて
よつばのクローバー今日は、フェイシャルリフレクソロジーについて

誕生からおよそ30年、反射学・解剖学に加え、中医学・南米のゾーンチャートなどを採用したそのユニークで医師や学者などからも注目される手技は、ヨーロッパや南米各地を始め、近代医療施設にアクセスがない国々や統合医療先進国でも根付き進化してきました。

顔は脳に近いため、ここに無数に点在するツボや神経ポイントを刺激すると早く信号が伝わると言われています。
フェイシャルリフレクソロジーではこの点に注目し、また特定の身体症状に対してアプローチするのではなく、滞りのあるポイントを探しそこに働きかけることで、結果的に症状の改善を図っていくという東洋医学と非常に近い考え方でお客様にトリートメントを行っていきます。
また、生まれたての赤ちゃんからターミナルケアを受けている、または妊娠中やご高齢のお客様まで誰でも受けていただくことが可能なトリートメントです。
このフェイシャルリフレクソロジーは、デンマークの創始者 ロネ・ソレンセン・ロペスがあみだした補完療法で、顔は脳に最も近く中枢神経に働きかけることが出来るため脳に対するトリートメントでもあります。(足のリフレクソロジーとはその点が異なります)
また感情に働きかけることができるという点でも優れています。
脳内では様々な神経伝達物質が放出されており、中でもセロトニンという物質は人の感情に深く関わっています。
うつ状態では、このセロトニン分泌が低いことが明らかになっています。 このトリートメントを通じて脳に刺激を送ることで、精神的にポジティブな感情を生み自信を高めるだけでなく、睡眠を促進し不安を緩和するセロトニン分泌を助長する助けをします。

【こんな方にお薦めのセラピー】
・神経系、内分泌系、呼吸器系、循環器系、消化器系、生殖器系の活性化
・脳神経への刺激(脳障害のお子様から大人まで)
・肌の改善(シミ、しわ、たるみ)
・リラックス効果
・免疫力の活性化
・精神的なバランスをとる。不安や緊張の緩和(感情の解放)
・健康維持のために(特にお悩みがない方でも臓器や経絡の滞りはあるため)

このフェイシャルリフレクソロジーとクリスタルヒーリングを
融合したフェイシャルヒーリングのお申込みはコチラから。

※定期的にご利用いただくためのお得なチケット制度もございます。

| フェイシャルリフレクソロジー | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://letter.healing-akasha.com/trackback/1306606
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

モニター募集

漢方バナー
YLバナー

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

PROFILE

無料小冊子プレゼント

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

あしあと

SEARCH