<< クリスタルの置石・敷石メニューについて | main | ダンスで解放 >>
宇宙(太陽)エネルギー・その3
前々回からの七田眞さんのお話の続きです。

太陽おてんきを見ることにより光エネルギーを取り入れるという事ですが
これを行うと、体内で電気的、磁気的、化学的エネルギーに変換されます。
究極的にはエネルギーは光であり、光が物質に変容します。ひらめき
体内にはこの光エネルギーを受容し処理する器官があり、
分析し変容、貯蔵する器官があります。

それらは体内で眠っていますが太陽を見ることで
松果体を目覚めさせることにより活性化させる事が出来るとのこと。

植物植物が光合成によって栄養を太陽から直接受け取るように
人間もこの松果体という光感器官を持ちここを目覚めさせると
光合成のプロセスが再現できるのではないかと考えられています。

人間には目に見える肉体的な栄養を処理するプロセスがあると同時に
もうひとつの目には見えない光のプロセスが身体にあり
それを目覚めさせることが今一番重要な事とおっしゃっています。

この太陽エネルギーを取り入れるための
瞑想についてはまた後日UPいたします鉛筆





| スピリチュアル | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://letter.healing-akasha.com/trackback/1242934
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

モニター募集

漢方バナー
YLバナー

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

PROFILE

無料小冊子プレゼント

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

あしあと

SEARCH