日本海はミニ大洋
今日は、海ネタです。

日本海は太平洋、大西洋などと比べて遥かに小さいけれども、
大洋にある現象のほとんどすべてが存在することから
"ミニ大洋"とも呼ばれているそうです。

この日本海の深層で、ある異変が起こっているそうです。
続きを読む >>
| 海のこと | 00:11 | comments(0) | - | pookmark |
フィッシュバーガーの白身魚ってどれ?
今日は、海好きセラピストの海ネタです。

魚 おさかなガイドブック情報

フィッシュバーガーの白身魚って何だと思いますか?

いつもどこででも同じ魚がバンズに挟まってきているわけではないんです!
さまざまな魚が名前も知られずに食べられています。
中には獲りすぎて、今ではほとんど獲れなくなったものもあるそうです。
そして新たな「白身魚」を求めて、とうとう成長が遅い深海魚にまで手を
つけてしまいました。モゴモゴ

いつも食べている白身魚が、なんという名前の魚なのか、
皆さんにももっと興味を持ってくれるといいな〜

知らずに食べていると、食べ尽くしの責任を負うことになるかもしれません汗

ハンバーガーマクドナルド:すけそうだらを使用。

ハンバーガーモスバーガー:ニュージーランド沖のホキを使用。
ホキは南半球の深海魚で、日本でも冷凍食品の白身魚として
利用されています。大量に捕獲されて資源が危ぶまれている魚です。
私の好きなモスバーガーがホキを使用しているとは残念ポロリ

よつばのクローバーその他に使用される白身魚のご紹介

タイセイヨウカラスガレイ
体長2m近くにも成長し、えんがわも巨大。回転寿司の人気ネタ

マゼランアイナメ
南極海近くの深海魚。切り身はかつて「銀むつ」の名で売られていたことも
今では「メロ」と表示されています。

マダラ
代表的な日本の白身魚。タラの仲間は欧米でも人気で
大西洋では漁場の奪い合いが「タラ戦争」と呼ばれる事態になった事も。

オレンジラフィー
大西洋、南半球南部の深海魚。日本には入っていませんが
欧米では歓迎され、おかげですっかり減ってしまったそうです。

アメリカナマズ
淡水魚ですが、欧米ではなじみの白身魚。
外来魚として湖沼や池で野生化が確認されています。


さまざまな魚が一口に「白身魚」と呼ばれているように
本来は全く違う種類なのに「○×鯛」という名前がついて
まるでタイの仲間のように呼ばれたりすることがあります。

カラフトシシャモも長らく「シシャモ」として売られてきました。
代打の魚たちは名前も知られずに来ました。

水産庁は2003年から「本来の名前で売るように」と
指導しているようですが、やはりメジャーな名前でないと
売れないのではないかと業者は心配します。

食べる側がもっと魚のことを知って、本来の名前で味わい分けられれば
食はもっと豊かになるのではないでしょうか。











| 海のこと | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
味わう生物多様性
おさかなガイドブックが届きました魚



ふだん何気なく食べている魚が世界中の
いろいろな魚たちなのだということを知ってもらいたくて
作られたガイドブックです。

知らない間に私達は海の生物多様性を味わっていたんです!

その海の現状に目を向けると

いつまでもこんな食べ方で大丈夫?!・・・

と不安になることもあります。


このガイドブックに載っている味わう生物多様性は
とても参考になり海の現状を考えるきっかけにもなるので
少しずつご紹介していきたいと思います。


---------------
生物多様性とは:
生きものたちの豊かな個性つながりのこと。
地球上には、それぞれの環境に適応した3,000万種ともいわれる
多様な個性を持つ生きものが、お互いにつながりあい、
支えあって生きています。私たち人間もその一部です。

 地球の歴史上6度目の大量絶滅の危機といわれている現在、
かつてないスピードで生物多様性が失われています。
この大量絶滅から、絶妙なバランスで成り立っている生態系を守っていくこと。
また、未来への世代のために、現在の多様ないのちの豊かさを残して・・

すべてのかけがえのない命を守り、その恵みを受け続けていけるように、
今、行動することが必要なのです!

生物多様性をわかりやすい動画で見てみようテレビジョン




| 海のこと | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本にもやっと海洋保護区が
日本でもやっと「海洋保護区」が導入される事になったようです。ニコニコ

海洋保護区とは政府が漁業や海洋開発、船舶の航行などを制限することで
生態系や生物多様性を保護するもので、
オーストラリアのグレートバリアリーフなどが有名です。

世界の陸地の12パーセントが自然保護区などに指定されているそうですが
それに対して、海洋保護区は全海洋の1%にも満たない状況だそうです。モゴモゴ

日本は、水産資源保護法や自然公園法などで、水産資源や自然景観などを
守る仕組みはあるものの、海洋保護区といえるものは存在せず、
生物多様性や生態系を守る枠組みが無いことが懸念されていました。

海洋保護区の定義(環境省より)を
「海の持続的な利用を目的に、管理や規制を行なう海域」としています。

人間にとって直接的に有益な動植物の保護に止まらず、
自然界が膨大な時の流れの中で作り上げた「生態系全体」を守る
枠組みとなることが期待されますね

沖縄の珊瑚礁が海洋保護区になってくれるといいな・・・ラッキー


                by 海好きセラピスト








| 海のこと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
避暑地の沖縄
先日、お休みをいただき避暑地の沖縄へ行ってきました(笑)
東京と違い過ごしやすかった・・・ニコニコ

今回のダイビングでは、珊瑚の移植体験をしてきました。


sango1.jpg北谷のビーチからエントリーし沖まで泳いで移動
水深5m位?!の移植先にぴったりの岩を探し
鉄のトンカチと鉄の棒でひたすら岩を砕き、
丁度良い穴を開ける作業をします汗
同時に珊瑚の土台の部分
(材質は何かは忘れましたがたらーっ
もハサミでカットしながら調整していきます。
写真の左下にあるハサミを使用。
sango2.jpg
移植をする珊瑚の土台をその穴にはめながら大きさを調整していきます。
そして穴が丁度よい大きさになったところで
穴の周辺についている苔を写真のようにブラシで取り除く作業をします。


sango3.jpgそして穴に珊瑚の土台ごとはめ込み、
こんな感じで移植が完了!
穴と珊瑚の土台には隙間があいてしまうので
そこに白い天然の何か?!
(写真にある白いものたらーっ名前は忘れました)
を詰めて固定していきます。


sango4.jpgそしてこのように金網の囲いを
大きな釘で固定し保護します。






sango5.jpg金網ごしに覗いてみるとこんな感じになります。ラッキー
大きく育つといいな〜
移植した珊瑚が4年後に産卵したというデータがあるそうですが、この珊瑚も無事に育って大きな海の森となる事を願って・・




陸で生活をしている私達、人間は自分の目で確認する事ができない海の中の出来事(環境破壊)はどうしても関心が薄くなってしまいがち。しかし、生きるために吸っている酸素の2/3は海から生まれています。少しでも関心を持っていただけると嬉しいです。


おはなおまけ

sango6.jpg映画のニモで有名なクマノミ







sango9.jpgイソギンチャクをハサミで持っているカニさん
チアガールみたいラッキー






sango10.jpg
よ〜く見ると妊婦さんでした。
お腹の赤いものは卵です。
卵をイソギンチャクで守っている姿がかわいいハート






sango11.jpg小さめですがサメもいましたたらーっ






sango12.jpg

沖縄のモスバーガー・ご当地バーガーハンバーガー
ゴーヤのピザドッグディナー・・・










| 海のこと | 23:54 | - | - | pookmark |
もうすぐ海の日
東京も明日梅雨明け?!でしょうか。。

あと数日で海の日船を迎えますが、海の日の由来をご存知ですか?

海の日は、法律で定められた国民の祝日です。
六法全書の国民の祝日に関する法律の第二条に
「海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに
海洋国日本の繁栄を願う。」と記載されています。

昭和16年には「海の日」の前進である
「海の記念日(7/20)」が制定され、
平成8年に国民の祝日に「昇進」。

では、7/20にはどんな意味があるのかというと
明治天皇が東北巡幸の際に初めて船に乗り、約50日の旅程を
こなされた後に、横浜港に着港された日とのことです。

世界でも珍しい「海の日」という国民の祝日に
皆さんも海に親しんでみてはいかがでしょうか。
水族館に行ってみたり、磯遊びをしたり。
それも難しいなら図鑑を持ってお寿司屋さんはいかがでしょうたらーっ


先日「魚のいない海」というシンポジウムに参加してきましたが
海の現状を知らずに生活していた事を改めて感じさせられましたモゴモゴ
私達が毎日食べている魚達。魚
その食用の魚を捕るために廃棄させられている魚の量の多さ。
漁の大半を占めるトロール漁は珊瑚を破壊している原因の一つである。
陸では1万年前から動植物を養ってきたが、
海では未だに海洋環境での狩猟をしている状態。
(漁獲量が半減している原因の1つとなっています)
養殖をしたとしても、それを育てるための魚を
大量に捕獲しなくてはならない。etc。。。

無関心でいると海の環境はどんどん悪くなってしまいます。

生命誕生のきっかけとなった海は、私達、全ての生き物のお母さんです。

今でも生きるために吸っている酸素の2/3は海から生まれています。

そんな海と触れ合って少しでも関心をもって頂けると嬉しいですラッキー

次世代へ海を引き継いで行くために。。。
 
                   by 海好きセラピスト




| 海のこと | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

モニター募集

漢方バナー
YLバナー

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

PROFILE

無料小冊子プレゼント

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

あしあと

SEARCH