そろそろ花粉症の季節?
季節柄か、マスク姿の方を多く見かけますね。モゴモゴ
そろそろ私の周りでも花粉症の症状が現れている人もいますが
花粉症歴18年だった私ですが、漢方を飲み始めた昨年は
連続記録更新はストップし、楽な春を迎えることが出来ました。
今年は例年?!より5倍の花粉飛散量とのこと・・・たらーっ
せっせと漢方を飲み続けて1年が過ぎましたが
さて、今年の花粉には勝てるでしょうか・・・
漢方の威力を実験中ですグー

私が愛用しています漢方の詳細はコチラです。

そして春はよく風が吹くため、細菌やウイルスの活動も盛んになり
解毒・排毒の役割を担う「肝」への負担が大きくなるそうです。
続きを読む >>
| 東洋医学・漢方・シルク | 00:15 | comments(0) | - | pookmark |
シルクと漢方のご感想
漢方シルクフェイシャル体験をして頂いたお客様のご感想をアップいたしますよつばのクローバー

---------------------------

Mさま(女性)

・シルク商品について
まず、シルクの石鹸ですが、かなりの驚きでした!
石鹸をたっぷりと泡立て顔にのせるだけで、余分な皮脂や毛穴の汚れまでとれてツルツル&しっとりに
なっていました。しかも、擦るなどの負担は一切なしです。
5分足らずで、洗顔→パック→化粧水→乳液まで終わった状態になりました^^
その後、ジェルを使用させて頂きましたが、これは付けるだけでモチモチ感が現れ、
クマや笑いじわのある私の顔が、元気でみずみずしくなっていくのを実感して嬉しくなりました。

どちらも、たった1回の数分でこれだけの効果にびっくりです!

・漢方について

粉末をお湯に溶かして頂いたのですが、イメージしていた漢方のクセは全くなく
とても飲みやすくマイルドで美味しかったです。
なので、効き目はどうだろう・・・と思ったのですが、これがジワジワ効いてくるんです。

私は、今までサプリメントや食材等を色々と試していたのですが、
どれも一時的なもので、ずっと末端冷え性とコリなどと疲れやすい体質の自分に困っていました。
この漢方は、徐々に、内臓から先先まで温かくなって行き、それと共にコリと頭がスッキリしていくのを感じています。

この漢方は、応急処置ではなく、根本からの体の改善が大事であることを気付かせてくれます。

---------------------------

Hさま(女性)

シルク成分の入った石鹸の泡が何ともいえない柔ら かい弾力と触感にリラックスしました。
匂いもなく、普通の石鹸なら泡を肌に長時間付けていると、なんらかの刺激があるのですが、
こ の石鹸の泡は肌への刺激が何もありませんでした。
むしろ取り除くときに、え?もう取るの?もう少しのせてて〜っと言いたくなるほど気持ち良かった です。
ただ石鹸の泡なのに不思議です。
またシルクジェルと併用すると、1回の使用で肌の張り、艶、毛穴の汚れがとれ、
毛穴は目立たなく なっていることを体験しました。
私の場合1回の使用で3才くらい若返った感じがして、続けて使うとどれだけの効果があるのか、
今から楽し みです♪ お値段も効果の割には無理なく続けられる価格なので是非使いたいと思います!

漢方のお茶は思ったより飲みやすく、ちょっとビ クッリな成分が入っているのですが、
試飲した日は一日中体が暖かく感じられ、冷え性の人にもお薦めだと思います。
他にもいろいろ改善され るようですが、なにりも続けて飲むことが良さそうなお茶でした。

---------------------------

Nさま(女性)

洗顔の泡がとてもしっかりとしててびっくりしました。
その泡で軽くマッサージしていただいたわけですが、なんともポニョポニョとした質感が新鮮で気持ちよかったです。
その後は意識がなく、ジェルを塗っていただいたことも覚えておりませんが、特に何もつけなくても後々突っ張ったりということはなかったです。
終わってから感想を聞かれた時はあまり違いを答えられなかったのですが、帰りの電車のなかでふと触ってみるとあきらかにいつもよりすべすべしてて嬉しくなりました。
漢方の方は、苦みとかが全くないので飲みやすいかなと思います。

---------------------------

Aさま(女性)

もこもこの泡で顔を包まれただけでも気持ちがいいのに、
ツボ押しは「もっと〜」とリクエストしたいくらい良かったです^^
ジェルもひんやりと気持ち良く、
その上レイキまで流してもらえる贅沢さ(?)にビックリしました。
レイキは初体験でしたが、
頭がほかほかと優しい暖かさに包まれているなぁと思っていたら、
頭の詰まりがスッと取れたような感覚になり、
その直後、暖かさが全身に広がっていくような感じがしました。
とても心地良かったです!
そして、最後に自分の顔を見てビックリ。
くすみの膜が1枚はがれたかのように、
ワントーン肌が明るくなったように見えました。
顔もスベスベで、帰り道に何度も触ってしまいました^^
(本当は触るのはよくないですけれどね。。^^;)

---------------------------

Yさま(女性)

ホイップクリームを乗せているような感覚の泡で、洗顔します。
ふわふわで顔を包まれ、その後ホットタオルでふき取ります。

次にシルクジェルなんですけど、私には浸透感が感じられました。
ぎゅーっと言うような、何とも不思議な感覚です。
油分は全くないのに、付けた後はぴかぴかに光っていますし、足りない感
じはなく、ほどよく潤っていました。浸透感を除けば、付け心地はいたっ
て普通のジェルです。
しかしシワが薄くなり、リフトアップが感じられました。フェイスライン
も上がりました。
心地よい、不思議な体験でした。

---------------------------
| 東洋医学・漢方・シルク | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東洋医学からみた食事って?
地球(宇宙)からみた大自然の中にいる私達人間は、
他の動物と同じでちっぽけな存在です。地球

人間は他の動植物の「いのち」を取入れ、
その人間自身もいつか土となって自然に還ります。

宇宙規模の大きな視野で観た場合、「いのち」を取り込む事で生命を育み、
そして終わる事無く「いのち」を循環させています。

東洋医学では、食する際に全てを取り入れる事が
「いのち」を取り入れるという事と言われています。

お米であれば玄米を。食事

野菜であれば皮まで。(無農薬野菜に限定)赤りんご

頭・骨・内臓まで全部食べられる小魚。魚

(ぬか・皮・骨や内臓を取り除いたものは「いのち」とは呼べません)

これらのものが人間にとって最も調和のとれた
本来食すべきものと考えられています。

日本人は古来、この様なものを主食としてきました。

ここ数十年で研究された現代医学(科学)によって説明される
栄養学に振り回されないようにする事も大切かもしれません。

もう一度、原点に還ってみるという事を
皆さんもなさってみてはいかがでしょうか?

不良長寿の秘薬18種類の食材がそのまんまびっくり漢方になった
健康補助食品はコチラ
お気軽にお問い合せ下さいニコニコ



| 東洋医学・漢方・シルク | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方茶
よつばのクローバーサロンでの施術後のティタイム ホットコーヒー

今後、高級食材の入った漢方茶をご希望によりお出しする予定です。
それは、アミノ酸やミネラルが豊富で「心と身体のバランス」に注目した健康補助食品である漢方、全部で18種類の自然の恵みを日本国内の独自技術で特別にブレンドしたものです。
美容と健康の第一歩は、温まる良い体づくりからという事で始める予定です。

漢方の材料は下記の通りです。HPはこちら

スッポン
中国では3000年前の周時代より王室の膳に供えられ珍重されているます。18種類のアミノ酸、カルシウム、ビタミン類、不飽和脂肪酸など良質な栄養素を含み、体の防御力を高め、変わらぬ容姿・体調を保ち、活力増強に働きます。

苦瓜
苦瓜といえば、豊富なビタミンCで有名です。しかも、通常加熱すると壊れてしまうビタミンCが苦瓜の場合はほとんど変わりません。

八升豆
古来よりインドでは『やる気や愛情を高める素材』として男女双方に用いられてきました。一本の豆の木から八升分の量が採れることから「八升豆」と呼ばれています。

高麗人参 別名:朝鮮人参
高麗人参は20種以上のジンセノサイド、サポニン配糖体を含んでおり、他にもビタミン、ミネラルなどをバランス良く含む、天然の栄養宝庫です。

生姜
中国で生姜といえば生のヒネショウガのことです。
成分には辛味成分のジンゲロールやショウガオールが含まれています。


枸杞子
古くから中国で愛用され、日本でも平安時代からよく知られています。各種ビタミンが豊富です。

アナツバメの巣 
昔から、ヨダレの多い赤ちゃんは丈夫である、ヨダレの多い牛は病気をしない、との言い伝えがあります。歳をとって高齢になると唾液の出方が少なくなったり、ストレスがかかった状態や緊張時には喉がカラカラになるように、唾液は健康維持に深くかかわっています。現在、食品として動物の唾液が利用されているのは、ローヤルゼリーとアナツバメの巣だけです。唾液にはシアル酸という糖が含まれており、その含有量はローヤルゼリーの200倍もあります。

九香虫
ツマキクロカメムシの乾燥した全虫を用います。

北虫草菌糸体
上質かつ豊富なタンパク質を含み、18種類の人体に必要なアミノ酸を網羅しています。またセレンなどのミネラルも豊富です。

鹿角
完全に骨化した日本鹿の角を用います。鹿角の成分にはコラーゲン、リン酸カルシウムなどの他、タンパク質のヘキソサミンなどが多く含まれており、美肌に期待できます。

酸棗仁 別名:棗仁、なつめ
クロウメモドキ科のサネブトナツメの種子を乾燥したもので、ヨーロッパ東部から、アジア東部南部に分布し、日本にも栽植されています。主としてサポニン、タンパク質、有機酸などを含んでいます。

蚕「白僵蚕」
繭を取った後のカイコの蛹(サナギ)は、古くから養蚕している地方で食用にもされ、現在でも長野で蛹の佃煮の缶詰が作られています。

カマキリの巣
カマキリの卵鞘。桑の枝に付いているものが珍重されるためソウヒョウショウと呼ばれています。成分はクエン酸カルシウムを多く含んでいます。

山茱萸
中国や朝鮮に分布する落葉小高木、ミズキ科のサンシュユの果肉を用います。成分にはイリドイド配糖体のモロニサイド、スウェロシド、ロガニン、ウルソール酸、タンニンなどが含まれています。

紅花
食品の着色料や口紅などの原料に使用されており、サラダ油やマーガリンの原料として用いられています。成分には色素のカルタミン、サフロールイエローの他、フラボノイドを多く含んでいます。

桑の実
桑の実は桑葉(ソウヨウ)、根の皮は桑白皮(ソウハクヒ)、幼枝は桑枝(ソウシ)といいます。果実には有機酸や糖類、ビタミンB1、B2、C、カロチンなどが多く含まれています。

ヒハツ 別名:ナガコショウ、ロングペッパー
古くから中国やインドで利用され、奈良の正倉院には唐からの素材として現存しています。体の巡りを良好にして、摂取した成分の有用性を高め、体調の向上を実感させてくれます。

桂皮
一般にシナモンのことで、京都の「八つ橋」やニッキなどのお菓子の原料や香料として用いられています。成分にはケイアルデヒドが含まれています。


| 東洋医学・漢方・シルク | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

モニター募集

漢方バナー
YLバナー

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

PROFILE

無料小冊子プレゼント

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

あしあと

SEARCH